当館について

当館について

私たちが住む町営の図書館は規模が小さいこと、小学生が自分の足で自分が行きたい時に行ける場所にないことから、子どもが本に触れる機会を少しでも多く作ろうと考えました。“子どものための”環境づくりをしている各地の図書館に出向きお話を伺い、こんな図書館がいいなと思い描き取り組みをはじめました。

  • 小学生なら、自分の足で行けるところにある図書館
  • しーっと言われないけれど、ちゃんと本を大切にする事を教えてくれる図書館
  • 地域のみんなが支える図書館、子どもたちを支える図書館

子どもたちにより多くの本を届けることと、ボランティア登録をしてくださった方が短い時間でも図書館に携わり、地域の大人が子ども達を包み込むような地域コミュニティを目指します。

 

あゆみ

2015年 4月 認可外幼稚園「おうちえんTelacoya921」の保護者を中心に、有志によるTelacoyaこどもとしょかん準備委員会発足
任意団体「Telacoyaこどもとしょかん」を設立
広報及び活動資金を得るため、母親たちによる手仕事マーケットを開始(以降、年数回実施)
5月 本の寄贈募集開始
6月 有志による図書館整備開始(本棚作り、寄贈本の整理等)
7・8月 図書館開館及びボランティア募集の説明会開催(町内6カ所にて)
夏休みこどもイベント開催
9月 ボランティア活動開始(閲覧に向け本の登録整備等)
11月 「Telacoyaこどもとしょかん」プレオープン(閲覧開始)
広報及び活動資金を得るため「朝の古本市」を開始(毎月第一日曜日開催)
12月 地域で活躍するお話ボランティアグループによるおはなし会を開始(不定期)
2016年 1月 自主上映会やトークショーなどを開催
4月 「Telacoyaこどもとしょかん」グランドオープン(貸出開始)
7月 オープニングイベントの開催(和歌山静子さん講演会等)
8月
12月
こども図書委員による活動開始(夏・冬休み限定)
「こどもとしょかん夏まつり」の開催
「こどもとしょかん冬まつり」の開催
2017年 4月 活動の充実を図るため法人格を取得、「非営利型一般社団法人うみとやまのこどもとしょかん」に名称変更(任意団体「Telacoyaこどもとしょかん」の発展的解消)