STAYHOMEのために【毎日開催古本市!】

投稿日: カテゴリー: Blog

#stayhome のために
【毎日開催古本市!】

うみとやまのこどもとしょかんでは、休校中の子どもたちに本を届けるため何かできないかと考え、古本市を開催することにしました。

晴れた日に3箱ずつ出しておりますので、ご自由にお持ちください。返却しなくて結構です。

※一度手に取った本は何かのご縁。戻さずにご自宅でゆっくりご覧ください。

※どなたかがご覧になっているときはソーシャルディスタンスを保ち、狙いを定めてお待ちください。

※本は1000冊以上あります。早い者勝ちと焦らず、お散歩に出た際にお立ち寄りください。

※ご近所の子どもたちのため、ご自宅にて古本市を開催していただける方は、箱でご用意いたしますので下記よりご連絡ください。

http://um.telacoya921.com/?page_id=18

ポスターはこちらを印刷してご使用ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

みとやまのこどもとしょかん 古本市ポスター

 

郵研社の連載エッセイ「うごく・はこぶ」に掲載されました

投稿日: カテゴリー: Blog

郵研社ホームページ石川敬史による連載エッセイ「うごく・はこぶ」に当館の活動が掲載されました。

 

移動図書館を研究されている十文字学園女子大学准教授の石川敬史氏。

とても楽しい方で、取材中も色んな事に興味深々

「このボンネットがいいですね~。移動図書館車でなかなかないですよ!」

「靴を脱ぐのはいいです!中で本がゆっくり読めますね。」

めちゃくちゃ褒めていただきました。

バックナンバーも面白いので、ぜひごゆっくりご覧ください。

http://www.yukensha.co.jp/contents/essay2/page/essay.html

 

さてさて、石川氏との出会いは2018年の図書館総合展。

移動図書館を始める前だった私たちは、フォーラムがあると知り聞きに行きました。

「動く図書館のバトンをつなぐ―移動図書館の過去・現在・未来―」

その司会・コーディネーターとして移動図書館について講演をされていたのが石川氏でした。

移動図書館について興味深いお話を伺うことができ感銘を受けた私たちは、恐れ多くも「これから移動図書館を始めるんです!」と勢い込んでお声掛けし、ちゃっかり名刺交換までしていただいたのでした。

勢いで動いてしまう厚かましい…もとい「行動力のある」私たちでよかった~

コロナウイルス感染拡大を防止するためしばらく休館とさせていただきます

投稿日: カテゴリー: Blog

コロナウイルス感染拡大を防止するため、うみとやまのこどもとしょかんは3月に引き続きしばらく休館することにいたしました。

ここはみんなで耐える時。

みなさんに本をお届けしたい気持ちは募りますが、不特定多数が室内に集うリスクはあまりに高く、このような決断となりました。

 

もともと建物の返却期日の関係で、現在の建物での開館は今年の6月までと決めていました。

このままお別れとなる可能性も限りなく大きいですが、新型コロナウイルスの感染拡大が収束した暁には、移動図書館うみやま号で、より自由にたくさんの子どもたちに本をお届けしていきたいと思います。

「SDGsパートナーブックかながわ」に掲載されました

投稿日: カテゴリー: Blog

本活動である“え”ほんふれあいていりゅうじょが、神奈川県から発行された「SDGsパートナーブックかながわ」に掲載されました。

このイベントは三浦観光バスとうみやまのこどもとしょかんで毎月行っているイベント。三浦を盛り上げたい!という三浦観光バスさんの熱い想いでタッグを組むことになりました。

 

雨の日も風の日も毎月欠かさず続けておりましたが、コロナウイルスの影響で残念ながら3月4月はお休み。

感染拡大が収束した暁には、今年度も毎月開催する予定ですのでお楽しみに!

「かながわ読書のススメ 取組事例ガイドブック」に掲載されました

投稿日: カテゴリー: Blog

この度、神奈川県教育委員会における生涯学習の推進事業の一環として発刊された「かながわ読書のススメ 取組事例ガイドブック」に当館の活動が掲載されました。

図書館や他団体の活動も興味深いものばかり。やる気さえあればこんな色んな活動もできるのだと参考になります。

時間のある今こそ、今まで通りでなく新しいことを始めるチャンス!今後の活動のご参考にご覧ください。

コロナウイルス感染拡大を防止するため3月は休館とさせていただきます

投稿日: カテゴリー: Blog

 

コロナウイルス感染拡大を防止するためうみとやまのこどもとしょかんも、残念ながら3月いっぱい休館することにいたしました。

それに伴い3月17日に企画しておりましたイベント

 

『3月のわらべさんのおはなし会』は中止

『カラダから出る”カタチのあるもの(ないもの)”販売会&サイン会』は延期

とさせていただきます。

 

こんなときこそ、こどもたちに本を届けたいのですが、早期終息を願いリスクを避ける決断となりました。4月には、こどもたちが元気に来館できる状況になっていることを切に願っております。

「月刊クーヨン」2020年3月号に掲載されました!

投稿日: カテゴリー: Blog
クレヨンハウスが発行する育児雑誌、「月刊クーヨン」2020年3月号

“子どもの居場所・つくるひと”のコーナーに、うみとやまのこどもとしょかんが紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

このコーナーでは、子どもがのびのび育つ場所、近くになければつくっちゃえ!

そんな熱い想いをもつ「ひと」と、すてきな「居場所」を全国からよりすぐって紹介するページです。

是非お手にとってご覧ください。

 

クレヨンハウスHPはこちら↓

https://www.crayonhouse.co.jp/

 

「この本読んで!2019秋号」に掲載されました!

投稿日: カテゴリー: Blog
絵本と読みきかせの情報誌「この本読んで!2019秋72号」

“つなぐつながる子ども文庫”のコーナーに、うみとやまのこどもとしょかんが紹介されています。

取材をして記事を書いてくださったのは汐﨑順子さん。

図書館の児童サービスを知り尽くした方です。

この度、出版社と汐﨑さんのご了承を得て全文掲載させていただきます。

バックナンバーの販売もあるようですので、他の記事も是非ご覧ください。